インテリアデザイナーまよの MIYABI STYLE STUDIO

*** "雅"と住まう SIMPLE LIFE ***

「インテリアデザイナーが教える、理想のお部屋の作り方」ステップ5・カラースキームを絞る☆彡

只今、 私の人生初のセルフマガジン。

インテリアデザイナーが教える理想のお部屋の作り方」を

無料で配布しております。

(ブログ最後にお申込みフォームリンク中です。)

 

 この冊子の中には、私が普段、お客様のお部屋を作る時に行う8つのステップをお伝えしているのですが、セルフマガジンより更に詳しくお伝えしたいと思い、ブログでもご紹介させて頂いています。


f:id:miyabi_luna:20181101113221j:image

 

 では、早速

インテリアデザイナーが教える、理想のお部屋の作り方」

◆ステップ5・カラースキームを絞る

 

 今となっては大好きな『カラースキーム』ですが、町田ひろ子アカデミーで勉強するまでは、とっても苦手でした。当時は、カラーの組合せも自分の『感覚』だけを頼りにしていたので、『根拠のないコーディネート』をしていたです。

しかし、しっかりカラーの勉強をすることで『仕組み』が見えてからは、とっても好きな作業になりました。

とはいえ、皆さんに一からカラーの勉強をしましょう!というのは、ハードルが高いので、私が普段行っている最低限のカラースキームのポイントをご紹介します。

①使う色を絞る。

床や壁(白も)の色も含めて、5色前後に絞るとスッキリとしたお部屋に仕上がります。それ以上増やす場合は、少し難易度が上がるので、色の勉強をするか、よほどセンスに自信がある!という方でないと、ゴチャゴチャとして統一感のないお部屋になりがちなんで、注意が必要です。

 

色の系統を決めるというのも、一つの方法です。

・暖色系(赤・黄・橙など)

・寒色系(青、水色など)

・中性色系(暖色・寒色の間にある色)

 

f:id:miyabi_luna:20181221112150p:plain

 

この中のどれにするかを決めると、家具を購入する時や小物を買う時にも、選びやすくなります。 

 

f:id:miyabi_luna:20150413134558j:plain

こちらは私の手掛けたオフィスデザインの現場ですが、カラースキームは「暖色系」で「トーンは落としたカラー」で統一しました。コンセプトが『現代のシャーロックホームズの部屋』だったのですが、予算が限られていたため、クラシカルな印象を出すために、色の効果を最大限使った現場です。

 

②色の配色(組み合わせ)

ここでは、

・色のトーンで合わせる

・同系色を合わせる

この2つが失敗しにくい配色となります。

 

『淡い色のトーン』『ビビットカラー』など、色のトーンを合わせたり、

『寒色のブルー系』『中性色のグリーン系』『暖色のオレンジ系』など、同系色でグラデーションを付けるイメージで色を決めていく。

このようにすると、お部屋に統一感が生まれます。

 f:id:miyabi_luna:20180418163752j:plain

こちらも私の事例です。個人邸で『ヒュッゲな暮らし』というコンセプトで北欧をイメージしたデザインをさせて頂いたですが、暖色・寒色では分けず、トーンを「淡く優しい色」で統一してコーディネートしました。

 

f:id:miyabi_luna:20180315152041j:plain

 

ここで『トーンの見分け方がムズカシイ!』という方もいらっしゃると思います。そのような方へは、分かりやすいサイトがあったのでリングを貼らせて頂きます。是非、ご参考になさってください。

色相環について☟

http://www.noie.co/colorkoza/2235/

③色の割合を考える。

インテリアのカラーの勉強をする際、

・ベースカラー:床・壁・天井

・メインカラー:家具やカーテンなど

・アクセントカラー:小物

という3種類のカラーを学びます。

 

そして、そのお部屋への配色の割合を考えることも、お部屋の心地よさを左右する大切なポイントです。目安としては

 ベースカラー:70~75%

メインカラー:20~30%

アクセントカラー:5%

この位の割合で考えていくと、お部屋のカラースキームのバランスが取れます。

 

②で選んだ配色を、同じ分量で使用すると、単調でつまらない印象のお部屋になりがちなのですが、この割合で整えると、アクセントの効いたメリハリのあるお部屋に仕上がります。

 f:id:miyabi_luna:20180315153303j:plain

f:id:miyabi_luna:20180315105102j:plain


こちらの事例は、お客様のお母さまのお部屋です。

アクセントクロスとカーテンのボーダーを、「ボルドーのような深みのある赤」にしたので、アクセントカラーは「柔らかいラベンダー色」としてチェアーを2脚置かせて頂きました。

凛とした女性らしさと優しい上品さを兼ね備えた、そんな女性のお部屋にピッタリのカラースキームになりました。

ここまで読んで、『カラースキーム、自分でやる自身がない!』という方は、お問合せフォームより、お気軽にお問合せください。

 

 

只今、 私の人生初のセルフマガジン。

インテリアデザイナーが教える

理想のお部屋の作り方」を無料で配布しております♬

セルフマガジンお申込みフォーム

 

 

今までのステップはこちらです☟

miyabi-luna.hatenablog.com

 

 

miyabi-luna.hatenablog.com

 

 

 

miyabi-luna.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

2つのブログランキングに参加しております。

毎日更新のモチベーションUPになりますので、

是非、Clickをお願いいたします(^_-)-☆

 [http://にほんブログ村 インテリアブログへ:title] [http://:title]

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  

《MIYABI STYLE STUDでは、

このようなサービスをご用意しております♬

お問合せフォームよりお気軽にお問合せくださいませ。

 

【サービスメニュー】 

 1)インテリアデザイン

 デザインリフォーム工事・間取り変更・住宅設備

 内装工事・家具・造作家具・カーテン・照明

 アート・インテリア小物・グリーン等のご提案

 

①基本料金:32,400円(税込)←10/31のご契約まで 

 プレゼンシート・パース・お見積り・サンプル・

 図面等を作成し、ご提案させて頂きます。 

 デザインプランのみの金額となります。

 

※【料金改定のお知らせ】

2018年11月1日以降のご契約より

基本料金を【デザインプラン料】と変更し、

料金を下記のよう改定させて頂きますので

ご注意くださいませ。

 

デザインプラン料:50,000(税別)←11/1~のご契約適用 

※新価格は、税別表示となっております。ご注意くださいませ。

 

 ②デザイン料・工事監理料:お見積り金額×(10~15%)円

 (リフォームの場合:施工業者のお見積り)

 

 ご提案内容(インテリアデザイン・工事) のご契約を

 頂いた場合、別途お見積りに計上させて頂きます。

 

 ※その他、遠方の場合は、交通費を頂戴することがあります。

  ご了承ください。

 

2)インテリア相談

 家具・壁紙・カーテン・照明・フローリングのコーディネート

 などのアドバイス

 インテリアデザインをトータルでお願いするか迷っている。

 という方は是非こちらから♬

 ※パース・図面等のプレゼン資料は含まれません。

 

 ①対面・オンライン:10,000円/60分(税別)

 ・オンライン:Skype等

 ・対面のみ:交通費別途

 

 ②メール:10,000円/1か月(税別)

 ・お返事は、原則3日以内にはさせて頂きます。

 ・1か月のうち何回でもメールでご相談頂けます。

 ・料金をお振込み頂いた翌日から1か月間のご相談と

  させて頂きます。

 

3)施工事例

[http://

:title]

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~