インテリアデザイナーまよの MIYABI STYLE STUDIO

*** "雅"と住まう SIMPLE LIFE ***

ペンダントライトとダイニングテーブル。その位置はあっていますか??

こんにちは。インテリアデザイナーのまよです。

 

今日は昨日に比べると寒いですね!

 

私は、夏よりも冬のピリッとする寒さのほうが好きなので、

”やっと冬らしくなってきたな~♪”と

少しテンションが上がっております。

 

さて、今回はペンダントライトあるあるです。

 

我が家では、ダイニングテーブルの上には

ペンダントライトを使っています。

 

ご存知の方も多いかと思われますが

名作ルイス・ポールセンの『PH5』。

この生誕50周年を記念して作られた『PH50』の

カラーバリエーションの一つを愛用しております。

 

電球がどの角度からも見えないようにデザインされていて

夜に光を灯すと、とっても陰影がきれいなのです✨

『さすが名作だ~♪』と、その美しさにはいつもほれぼれしております(笑)

 

が、しかし、、、

インテリアに携わる者としてはあってはならないことに、

入居当初から、ペンダントライトとダイニングテーブルの位置が

ずれたまま、使い続けておりました・・・。

 

というのも、

入居時、天井には既に照明用の引掛けローゼットという

照明器具を取り付ける金具がついていまして

電気工事をしない限り位置は変えられません。

 

そして、ダイニングテーブルの横にはPCデスクがあるため、

その座るスペースを考えると

どうしても、ダイニングテーブルとペンダントライトの位置が

合わず、ずっと主人の怒りをかっていました。。。

 

主人はPCをよく使用するため

PCデスクに一番近い椅子に座ることが多く、

ちょうど、ペンダントライトの下の席になり、

しばしば『ガチンッ』と頭をぶつけていたのでしたw

f:id:miyabi_luna:20161207104847j:image

 

しかし、今後ダイニングテーブルを買い替えることもあるだろうし、

電気工事や天井にフックで穴をあけるのも抵抗があった為、

ずっとどうしたものかと躊躇していました。

 

ところが、先日、『ペンダントサポーター』というものを発見し、

早速購入、取付てみました♪

 

 こちらは、天井に穴をあける必要もなく

既存のローゼットを利用して、重さ4Kgまでなら

ペンダントライトを下げることができます。

 

我が家のPH50は重さが1.9Kgだったので

問題なく取り付けることができました(*^_^*)

 

取り付けた写真はこちらです☟

 

f:id:miyabi_luna:20161207104900j:image

こちらにしてからは

主人も頭をぶつけることもなく、照明の光もテーブルの中心にくるので

美しく、とても快適に過ごせるようになりました(^_-)-☆

 

しかも、位置は移動可能なので

今後テーブルを買い替えても、それに合わせて取付可能です!

なんて優れものなのでしょう!!

 

こんなに簡単にできるなら

もっと早く購入すればよかったと後悔しています。。。

 

1点気になるのは、ペンダントサポーターが

思ったより存在感があるということでしょうか・・・

 

しかし、夫婦喧嘩も減ったし、良しとします(笑)

 

もし、同じような悩みをお持ちの方がいらしたら、

女性でも取付できるくらい簡単なので、

照明の位置が合わないまま使用せず

是非、こちらをお試しください(*^_^*)

 

それでは、また(^^♪

 

※最後までご覧いただきありがとうございました。

 ブログランキングに参加しております。

 宜しければ下記バナーをポチっとお願いいたします。

 

[http://
人気ブログランキングへ:title]

[http://にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村:title]